女性が育毛剤を購入する際に意識しておきたいこと

育毛剤購入
薄毛の悩みというと中年以降の男性特有のものというイメージがありますが、決してそうではなく、女性にとっても20代頃の若いかたから他人事ではありません。

男性の場合、薄毛の原因の多くがAGAであるのに対し、女性はストレスや栄養不足による頭皮環境の悪化、パーマやカラーなどの負担、加齢によるホルモンバランスの崩れなど複合的な要因によって発生することが多く、さらに生え際や頭頂部といった局地的なものよりも全体的なボリュームダウンや髪の毛が痩せ細る症状が出ることがほとんどです。

髪の毛がまとまりづらくなってきた、セットが決まらなくなってきた、そういったことで自身の薄毛に気がつきます。

しかし、昨今ではネットで気軽に育毛剤を購入できるようになったことから、誰にも知られることなく育毛対策を行えるようになりました。

ただ、育毛剤であれば何を使ってもいいというわけではありません。女性が安心して利用できるものを探し、継続的に利用していくことで初めて効果を実感することができます。

まず、育毛剤には男性向け、女性向け、男女兼用のものの3種類があります。

男性向けのものは女性が使用するには刺激が強すぎるもの、医薬品扱いのものには女性が使用できない成分も配合されていることがありますので、必ず女性向け、男女兼用に開発されたものを利用するようにしてください。

可能であれば、女性特有の薄毛の原因の対策に特化している女性向け育毛剤を使用していきましょう。さらにその中から、自身の薄毛の原因に対応した効果が得られるものを探すのがポイントです。

たとえば、女性は乾燥肌体質のかたが多く見られますが、頭皮の乾燥も薄毛の原因の一つです。

頭皮がカサカサしている、フケが出やすいという場合には保湿性の優れているものを選ぶのがおすすめですし、冷え性のかたは頭皮の血行不良が毛根の栄養不足を招き、髪の毛が育ちにくいということも考えられます。この場合には血行促進効果のある成分がメインの育毛剤を利用するといいでしょう。

ベタつきが気になる場合には皮脂量をコントロールしたり抗炎症作用のあるものを、加齢によるエストロゲンの活動の低下を実感しているのであれば、女性ホルモンの働きを助ける成分が入っているものが効果が出やすいと考えられます。

女性は敏感肌の場合も多いので、いずれも植物由来の天然成分でできている育毛剤を利用するのが安心です。頭皮への優しさを謳っている製品を選びましょう。

さらに香料や着色料など余計な添加物が入っていないもの、使用感がスッキリするメントール系も刺激になることが多いので、場合によっては避けたおいたほうが賢明です。

薄毛の原因に対して改善を期待できる成分が配合された育毛剤を利用し、継続的なケアを続けていくことで徐々に効果が発揮されます。